For Kids' Sake

info@forkidssake.net

618-529-5044

100 E. Jackson St., Suite C

Carbondale, IL 62901 USA

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • Twitter - White Circle

© 2019 by For Kids' Sake |  Terms of Use  |   Privacy Policy

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon

バングラデシュの

孤児院と学校を支援しています。

For Kids’ Sakeの本部はアメリカ、イリノイ州にあり、募金ページなどメインのページは英語表記です。

For Kids’ Sake(フォー・キッズ・セイク)は、1991年に設立されたバングラデシュの孤児院と学校を支援する国際的な募金活動事業です。この事業は、 孤児院と学校の設立、運営のために人生をかけた、故シャー・スフィー・サイード・ダイヤムラ師の功績から始まっています。For Kids’ Sakeは、ダイヤムラ師の活動を受け継ぎ、生活に必要な必需品と教育を供給し、世界で一番貧困な国の一つに暮らす何千人もの子供達の生活を向上させる手助けをしてきました。それに加え、バングラデシュ現地でも、地域の責任者たちを育成するため、組織能力、リーダーシップを向上する訓練を提供しています。

For Kids’ Sakeは、一つの約束から生まれました。

 

1940年代、シャー・スフィー・サイード・ダイヤムラ師は、バングラデシュで孤児院と学校の創設を始めました。ダイヤムラ師自身も孤児であったこともあり、彼は、切実に希望と救援を必要としている人々、特に子供達を支援することに彼の人生の全てを捧げました。

 

ダイヤムラ師は、亡くなる前の1995年、継承者であるシェイク・ディン・ムハンマド・アブドゥラ・アル・ダイヤミ師にこの支援の継続を委ねました。シェイク・ディン師は、約束を守るために「For Kids’ Sake」を設立しました。

 

今、それから25年程が経ち、これらの支援事業は実を結び、結果が出てきています。日常業務は、現地バングラデシュで、サイード・ダイヤムラ師の孫であるサイード・アタエ・ダイヤム・マフムッド・ウラが管理しています。

For Kids’ Sakeは、6つの施設で、食料、衣服、住居を提供し、教育や医療の場を整え、全体として500人の孤児たちを支援しています。

それに加え、政府に認定登録された学校を施設内に持ち、周辺の村々から3,000人を越える子供たちに幼稚園から高校までの教育を提供しています。

 

私たちの孤児院と学校は、皆様からの寄付、その他、水産業、畜産業、野菜・果物の栽培、用水事業、フェリーボート運輸業、村での市場店舗の賃貸など多数の地域の収益事業によって運営されています。

また、これらの事業は子供たちに職業訓練の機会も与えています。

 

For Kids’ Sakeの施設や事業では、100人を越えるバングラデシュの現地の人々を雇用し、地域経済の活性化を促進しています。

For Kids’ Sakeは、Dayemi Tariqat(ダイヤミ・タリーカ)が主催する募金事業です。

 

Dayemi Tariqatは、 シェイク・ディン・ムハンマド・アブドゥラ・アル・ダイヤミ師によって設立され、米国政府に認可されたNPO(501(C)3 非営利活動法人)です。

 

米国イリノイ州南部を拠点とし、 信仰、教育、奉仕活動を目的とする精神性を重視したコミュニティーであり、 米国各地、ヨーロッパ、バングラデシュ、日本に支部があります。

 

Dayemi Tariqatの使命は、スーフィズムの教えにそって、生まれながらに持つ権利が守られた生活を提供できる、 精神性を中心とした持続可能で自立したコミュニティーのモデルを築くことです。

For Kids’ Sakeの本部はアメリカ、イリノイ州にあり、募金ページなどメインのページは英語表記です。